マープ増毛法の真実|生え際薄太郎webTOP > 薄毛に関する知識 > 出産後だけではない!妊娠中から円形脱毛症になる 

出産後だけではない!妊娠中から円形脱毛症になる について

 
円形脱毛症は出産後になる人が多いと言われています。
しかし、妊娠中になる人もいます。

妊娠中の円形脱毛症の原因は、ホルモンバランスの乱れとストレスです。
妊娠中のストレスはかなりのものです。

体重増加を厳しくチェックされたり、好きなもの(例えばお酒)を摂取できなくなったことによるストレス。
無事産むことができるのかという出産への不安、つわりの苦しみ、腰痛・恥骨痛といった痛み。
妊娠後期になると身体に負担がかかって眠れない、思うように動けないことへのイライラ等、数え切れないほどのストレスを受けます。
仕事をしていればさらにそのストレスも加わるのです。

妊娠中は通常プロゲステロンというホルモンが増え、髪の量が増えます。
本来抜けるはずの髪が抜けないでいる状態です。
妊娠中から円形脱毛症になり、出産後さらにどっと髪が抜けると、いつまでこの状態が続くのか、円形脱毛症は治るのかと不安になることでしょう。

しかし、妊娠、出産を機に円形脱毛症になってしまった場合は、出産半年頃から髪が明らかに抜けなくなるのを感じることができます。
もちろん個人差はありますが、円形脱毛症になった原因がはっきりしているので、必ず治ると思って良いでしょう。

ただ、出産しても今度は新たに育児によるストレスが出てきます。
そのストレスによって円形脱毛症がそのまま治らないという可能性も否定できません。

ストレスとうまく付き合っていくことが、円形脱毛症完治の一番の秘訣です。
 

薄毛に関する知識記事一覧

出産後だけではない!妊娠中から円形脱毛症になる 

円形脱毛症は出産後になる人が多いと言われています。しかし、妊娠中になる人もいます。妊娠中の円形脱毛症の原因は、ホルモンバランスの乱れとストレスです。妊娠中のストレス...

円形脱毛症に「ホメオパシー」を取り入れてみる

ホメオパシーという言葉をご存知でしょうか。ホメオパシーは、ドイツ発祥の200年の歴史を持つ自然療法で、日本語では「同種療法」と訳されます。症状が出ているときに、それを抑え込...

再発を繰り返す重症の円形脱毛症にはレーザー治療が有効

円形脱毛症は、軽度であれば何もしなくても治ることも多いですが、皮膚科にかかればセファランチン等の内服薬や塩化カルプロニウム液、ステロイド外用薬等が処方されることが一般的です。し...